パソコンにソフトをインストールしたり、インターネット上で必要な時にだけソフトの使用が出来るのっがクラウドです。

パソコンのセキュリティの管理も重要です。

パソコンとクラウドコンピューティング

昔のパソコンでは、命令を処理するためのソフトウェアを使いたい場合には、それを店から買ってきて市販のパッケージソフトをインストールして使用しなければいけませんでした。今から考えるとありえないことで、これはかなり手間のかかる事です。しかもこれは、ソフトウェアをアップデートしたい時には再びパッケージを製作する必要が生じるのでコストもかかりました。バージョンアップに手間と費用がかかるという事は、それだけで進歩が遅れることになります。これを解決するために登場したのは、クラウドコンピューティングです。この言葉が使われ始めたのは2006年頃からです。クラウドでは、WEB上のサーバーにソフトウェアを準備しておいて、ユーザーが使いたい時にインターネットを経由して自由に利用可能になりました。

インターネットを雲に例えています。2006年からあったので最新の概念ではありません。今までならば通信速度が十分ではなかったのでインストールするにも時間がかかりましたが、今では高速の通信速度実現可能になっているので、十分に使えます。クラウドコンピューティングの3つの形態として、インターネット経由でソフトウェアを提供するSaaS、インターネット経由でプラットフォームやハードやOSを提供するPaaS、インターネット経由でハードウェアリソースや情報システムに必要な機材や回線を提供するHaaSがあります。

注目情報

  • ヨガウェアをお探しなら、お洒落なこちらの店をチェック。